SANNOW EMINENZA

NAGASAWA special

News:blog引っ越しました
スポンサーサイト 
--/--/-- /--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 / Comment(-) / Page top↑


ミニ四駆やるよ。 
2011/02/06 /18:25







なにやら まわりでミニ四駆やろうぜー!という

いい大人たちの声が聞こえましたので。








110206-01

やりましょう!ミニ四駆!

買ったのは僕が小学生の時、大好きだった

プロトエンペラー。こちとらダッシュ四駆郎世代。


最初、15年前のものが今でも売ってるか不安でしたが、

僕が小学生を過ごした地元、平岸のオーム模型には

ちゃんとありました。 おばちゃんも元気そうでした。


当時は600円台だったような気がしましたが、

「プレミア」というシールが貼られ、なんと1200円もした・・・!


1200円もしたんだけど、実はこのプロトエンペラーは

ボディしか使いません。 大人のなせるワザ。




110206-02

ここ5年くらい前にミニ四駆PROなるものが登場しており、

ご覧のように今までのそれとは全く仕組みが違いますね。

センター、フロント、リアの3ピースで構成されており、

センターのど真ん中にモーター。





110206-03

でも結局、シャーシ自体もバラバラで組めるような

軽量シャーシを買ってしまいました。

で、早速組み立てる。





110206-04

もちろん回転部分にはこのオイル! なんて贅沢。

怒られそうっすねー。






110206-05

まぁ、ありましたよ、色んな問題が。

大径タイヤ+軽量シャーシの組み合わせで黙って通常の

タイヤシャフトを使ってしまうと見事シャーシに

干渉してしまいます。 これ、けっこう焦った。

なので、長いシャフトをカットして、絶妙なクリアランスを確保。

なんならちょっとタイヤも削ったし。




シャーシが組みあがったら次はボディ。


110206-06

やっぱり、つかない…。



最新のシャーシは横幅があって、古いタイプのボディの

側面部分が当たってしまい、見事撃沈。

なんか機種によっては可能なものもあるらしいんですけど、

プロトエンペラーは無理みたいでした。



110206-07

まぁ、あきらめるハズもなく、ドリャーッつって切削作業。

プラスチック用のノコで当たる部分をひたすら切削。

右手に見えるのは、その残骸。なんとか装着に成功。





110206-08

こんな感じで作業しとりました。 この写真撮った時は

バンパーら辺もなんとなく形になってた。





110206-09

で、なんとか形に。 家帰ってステッカー貼れば終わり。

小学生の時はコースアウトの記憶しかないので、

ローラー廻りはある人のセッティングをとりあえず参考に。

これで走らせてみて、自分のセッティングを出していければ。



なんせ15年くらい経ってるから、さぐりさぐり。

っていうかもうすで小学生当時のものよりはかなり、いい。



ボディの方は基本やむ終えない場合以外は穴あけなんかは

しない予定。 ボディの軽量化で、ちょっとぶつけたら

すぐ割れちゃったりするし、なんせ1200円のボディ!

そのままのデザインを大切にしようかと思っています。



楽しすぎるぜ、ミニ四駆。







ミニ四駆 / Comment(0) / Page top↑


prev : home : next














: home :
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。